歯列矯正治療

歯列矯正治療を検討されている方へ

歯列矯正治療とは

歯ならびや、かみ合わせが悪いことを不正咬合といいます。不正咬合であると口もとが良くないだけでなく、きちんとかめない・発音がはっきりしない・歯みがきがうまくできないといった問題に加えて、むし歯や歯周病になりやすく、しいては体の健康にも影響が出てくることがあります。矯正治療は歯を正しい位置に移動することで不正咬合を治し、健康で正しいかみ合わせを作ります。

不正咬合の原因

不正咬合にはいろいろな原因があります。歯とあごの大きさがあわない・上あごと下あごのバランスが悪い・小さいときから指しゃぶりの癖がある・遺伝的に親子で歯ならびがよくないなど原因は人によって違います。また、むし歯や歯を抜いた後そのまま放置していると歯ならびを悪くすることもあります。

治療を始める時期

患者さんによって最適な開始時期は違ってきます。通常、乳歯が抜けて永久歯に生え変わる時期が良いのですが、乳歯しか生えていなくてもできるだけ早く治療をしなければならない場合もありますし、歯が全部永久歯に生え変わってから一度に治療した方がよい場合もあります。何歳のときでも気になったら早めに相談し、診察を受けることをお勧めします。

治療期間について

矯正治療はむし歯の治療と違い長くかかります。また、お口の中はみなさん違いますので患者さんの成長や治療の難易度によって、治療の方法・期間などが変わってきます。平均的には月に1~2回の来院で3年前後かかりますが、それより早い場合もあればもっと長くかかる場合もあります。

歯列矯正治療担当

副院長 久石麻紀 (日本矯正歯科学会認定医)

当院では定期的に矯正治療無料相談を実施しています。

(要予約)TEL.0942-52-3386 でまずはご予約を

03_08counseling02

更新日:

Copyright© ひさいし歯科・矯正歯科 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.